私が利用したテレクラに部下は興味を持ったようでした。
使えば即座に女性と繋がり、オナ電を開始できるのですから若い彼なら食い付くのは当然だと思いました。
「僕はそれとは違った方法なんですが、テレフォンセックスをやっているんです」
「違った方法?」
「はい、テレクラマックス(18禁)みたいにすぐに相手を見つけることはできませんけど、それでも知り合うことができたら無料通話アプリを交換して、料金を気にしないで楽しんでいるんです」
無料通話アプリとは、さすがに若い世代だなと感じました。
確かに無料通話アプリだったら、余計な出費を出す必要がありません。
「それで相手はどのように探すのかな?」
「有名な出会い系サイトです」
「出会い系?使って大丈夫なのか?」
私ぐらいの年齢になると、出会い系サイトのようなサービスは如何わしいものであるという印象を持っていました。
部下は出会い系サイトを使い、電話エッチ相手を探せているというのだから、もしかしたらサクラとかに騙されてしまっているのではないかと危惧してしまいました。
「出会い系もいろいろですよ、確かに悪質サイトは多いんですけれどね。人気の有名出会い系はかなり真面目に運営していますから、サクラとかいませんよ」
サクラがいない出会い系があることは、今回初めて知りました。
「出会い系はすぐに相手を探すことができないんです。だけど頑張って使い続けていけば、通話可能な女の子を探せます」

即効性こそないものの、相手探しには十分利用ができるということでした。
無料通話アプリでの電話エッチにも興味が出てきてしまいました。
そしてさらに彼の話はエスカレートしていきました。
「定期的に通話してエッチなことするようになると、実際に肉体関係に発展することって結構あるんです」
「現実に関係を持つのか?」
「はい、今まで何人かと待ち合わせすることもできましたよ」
これはなかなか面白いと思いました。
電話エッチでオナ指示出すのは大変刺激的な上、継続すれば大人の関係を実際に作れてしまうというのですからね。